聞いててうんざり

40代。最近パート始めました。小学生の子供一人。

断捨離についておもうこと

部屋の中がキッチリきれいな友人がいる。
不要なものはどんどん捨ててしまうそうだ。
彼女の部屋は一切のムダが無くいつも整っている。
ベランダには、ちりとりとホウキしか置いてないし、家具家電も最小限だ。


彼女はムダな物が嫌いなのだろう。
私もそれは見習いたい。


ただ一つ気になる点がある。
彼女は人間関係もムダが嫌いみたいなのだ。


「人間関係のムダって何よ?」


うん。たとえば、付き合っていても自分にメリットの無い人とか。
幼稚園は一緒だったけど、小学校が別々になったママ友とか、
働いていたころの友人とか、ただただ、会えば愚痴ばかり行ってくる友人とか。



「たしかに、そういう人たちとは無理に付き合う必要はないかもねー」



そう思う?
私はそうは思わないんだ。


たとえ自分に必要のない人であっても、「会いたい」とか「話したい」と言われればそれはとてもうれしいし、貴重な時間だと思ってる。
愚痴ばかり延々聞かされても、その人の悩みの内容とか興味深いし、別の小学校なら、その小学校の話題も知りたいし、自分とかけ離れた仕事をしている人だったりすれば、もっともっと話を聞きたくなる。


自分にとってムダだと思って排除していくのって、簡単なこと。
でも一度排除したらなかなか元には戻らないのが人間関係だと思う。


よく相談コーナーとかに
「ママ友にこんなに失礼なことをされました、どうすべきですか?」
っていう質問に
「そんな人とは縁を切るべき」
という回答が多いけど、縁を切るのは簡単。今一度、じっくり話し合ってみればよいのにって思う。
自分にとって不必要、そして何よりも自分にとって不利益をこうむる人間関係は確かにムダそのものかもしれない。
でも縁を切る前に考えたい。
それでいいのかと。